シェアリングビジネスの可能性

大きな魅力をもったシェアリングビジネス

カーシェアリングやサイクルシェアリングなど、各種シェアリングシステムを提供するDRC。シェアリングビジネスの概要や展望などを紹介します。

シェアリングエコノミーという考え方

シェアリングエコノミーとは、欧米を中心に広がりつつある新しい概念で、モノ・ヒト・サービスを共有することによって成り立つ経済の仕組みのこと。このビジネスの多くは、モノ・ヒト・サービスを所有している人や組織が、それを必要としている人にそれらを貸し出すことがモデルになっています。これがシェアリングビジネスのベースです。

シェアリングエコノミーは身近な存在

シェアリングエコノミーの普及には、インターネットの存在が大きく影響しています。インターネットにより、モノ・ヒト・サービスの管理が容易になったことに加え、管理コストも大幅に削減されたからです。また、大量生産、大量消費する社会から、すでにあるものを共有し、再利用する社会へと変わりつつある意識の変化が、シェアリングをより身近にし、また注目される理由になっています。

急成長するシェアマーケット

シェアリングサービスの代表的な例としては、2000年に創業した世界最大のカーシェアリングサービス「Zipcar」や、世界中で自宅の空き部屋などの貸し借り(空き部屋シェア)ができる「Airbnb」などです。このほかにも、子供用衣類や家庭用品、自転車などを共有できるサービスが数多くあります。

3つのカテゴリーが有望株

あるアンケートでは、60%以上の方が「今後、シェアサービスを利用したいと思っている」との調査報告もあり、今後の成長も期待されるシェアリングサービス。将来的には
◆自動車・バイク・自転車・ボートなどの乗り物
◆イベント関連グッズ・スポーツ関連グッズなどの普段使わないもの
◆ガレージ・オフィススペース・空き部屋などの場所・空間など

のシェアリングサービスが、今後、成長を遂げ、人気を博していくのではないかといわれています。

シェアリングシステム導入事例

  • キーボックス管理システム
  • 製品紹介
  • DRCが選ばれる理由
  • 代表メッセージ
  • カーシェアリング事業
  • サイクルシェア事業
  • シェアオフィス事業
  • 各施設シェア事業