シェアリングビジネスを始めるポイント

シェアリングビジネスのポイント

カーシェアリングやサイクルシェアリングなど、各種シェアリングシステムを提供するDRCが、シェアリングビジネスを始めるにあたってのポイントを紹介します。

成長が期待される3つのシェアリングビジネス

  • 1. 乗り物系

    自動車・バイク・自転車・
    ボートなど

  • 2. 普段使わないもの系

    イベント関連グッズ・
    スポーツ関連グッズなど

  • 3.スペース・空間系

    ガレージ・オフィススペース・
    空き部屋など

シェアリングビジネスを成功させる3つのポイント

1 身元などを把握する 2 双方向性の評価の仕組み 3 コミュニティーマネージャーの存在

シェアリングビジネスを継続させる3つのポイント

1 導入するシェアリングシステムのRASISを確認
シェアリングサービスを行うには、それに見合ったシステムの導入が必要です。そのシステムの機能・性能を安定して発揮できるかの指標がRASIS(レイシス)です。これに当てはめて、慎重に判断することが大切です。

Rは「Reliability」で信頼性(故障や障害、不具合の発生しにくさ)
Aは「Availability」で可用性(稼働率の高さ、障害や保守による停止時間の短さ)
Sは「Serviceability」で保守性(障害復旧やメンテナンスのしやすさ)
Iは「Integrity」で保全性・完全性(過負荷時や障害時のデータの破壊や不整合の起きにくさ)
Sは「Security」で機密性(外部からの侵入・改ざんや機密漏洩の起きにくさ)

2 毎月のランニングコストは現実的か
シェアリングサービスを始めるときに作る、ROI(投資収益率)などの事業計画をもう一度確認してください。想定売上に到達しなかった場合でも、ランニングコストやシステム維持費などに無理がないか、現実的なラインを見極めましょう。

3.利用者の管理が可能か
会社(または個人事業主)が保有する施設のシェアであれ、個人単位で保有している車や施設であれ、シェアをするうえで気になるのは、「誰がどのように利用するのか」ということ。利用希望者に事前会員登録してもらうことで身元などの把握ができ、何か起こった場合でもスピーディーな対応ができます。また、会員制にすることで運営側としては、マーケティングデータとしても利用することも可能です。

シェアリングシステム導入事例

  • キーボックス管理システム
  • 製品紹介
  • DRCが選ばれる理由
  • 代表メッセージ
  • カーシェアリング事業
  • サイクルシェア事業
  • シェアオフィス事業
  • 各施設シェア事業