コスト削減・人件費削減

シェアリングシステムの導入でコスト削減・人件費削減

カーシェアリングやサイクルシェアリングなど、各種シェアリングシステムを提供するDRC。そのシェアリングシステムを導入することによって、コスト削減や人件費削減を行うことができます。

受付スタッフなどが不要で人件費がかからない

キーボックス(管理ボックス)の開閉を、事前登録されたICカードで認証するキーボックス管理システム(Key Management Box)は、無人で鍵などの貸し出しを行えるので、受付スタッフなどが必要なく、人件費の削減につながります。

人件費をかけずに365日24時間稼働できる

無人で貸し出しが行えることに加え、365日24時間の貸し出しも可能なので、稼働時間・稼働効率の向上を人件費をかけずに行えます。

直接予約で予約対応スタッフも必要ない

利用者はパソコンや携帯電話から直接予約を行えるので、その予約業務に対応するスタッフも必要なく人件費の削減を行えます。

日々の管理コストも削減

駅周辺の駐輪問題は、駐輪マナーや駐輪スペースの確保などと非常に深刻です。このような問題を抱える自治体では、自転車撤去費用などにお困りの場合も。サイクルシェアリングを利用することで、利便性の向上を図りながら利用自転車数を制限することができ、駅周辺環境も整えることができます。その結果として日々発生していた管理コストも削減することが可能です。

シェアリングシステム導入事例

  • キーボックス管理システム
  • 製品紹介
  • DRCが選ばれる理由
  • 代表メッセージ
  • カーシェアリング事業
  • サイクルシェア事業
  • シェアオフィス事業
  • 各施設シェア事業